■うどんの茹で方■
<準備>
@ できるだけ大きな鍋にお湯を沸かします。
A 流しにボールを2つ用意して、1つは水を、もう1つには氷水を用意します。
B つゆや具の材料、器などをあらかじめ用意しておきます。
<茹で方>
@ 沸騰したお湯の中へ、袋から取り出したうどんを1人前〜2人前入れ、箸でやさしくほぐし、すぐに蓋をします。
A 再びお湯が沸きあがってきたら、うどんがゆっくり回る位の火加減にします。
B 温かいうどんの場合、約8分。冷たいうどんの場合、約10分が目安です。
C お好みの硬さになりましたら、鍋のうどんをざるなどですくい上げ、流しに用意した水を張ったボールの中へ入れ、水を流しながらぬめりを取るように洗います。
D 洗ったうどんをざるごと氷水の中に入れ軽く締めます。(締めすぎに注意)
E 水をよく切り、器に盛ったら冷たいうどんの完成です。
◆温かいうどんの場合
上記Eで締めたうどんを鍋の茹で湯に戻し入れ、さっと温め直してから充分に湯切りをして、温かいつゆを注いで完成です。
同じ湯で数回茹でますと、お湯の濃度が上がる為、うどんがほぐしにくくなったり、お湯の吹きこぼれなどに注意が必要となりますので、早めに足し湯 又は お湯の交換等をしてください。

だしの取り方 (1人前)
沸騰したお湯(540cc)にだしパック1袋をそのまま入れます。
6〜8分ほど弱火で煮出して下さい。
だし汁の濃さはお好みにより、水の量又は煮出し時間で調整して下さい。
だし汁は360cc以上取れる予定です。

温かいつゆの作り方 (1人前)
だし汁360ccに対し、つゆの素1本を入れれば出来上がり。
(かけうどん 玉子とじうどん 力うどん 肉うどん 天ぷらうどんetc.)

釜あげうどんのつゆの作り方 (1人前)
だし汁165ccに対し、つゆの素1本を入れれば出来上がり。
※薬味はねぎ、おろししょうが、天かすなど
※釜あげうどんの場合、うどんを洗う必要はありません。
お好みの硬さに茹で上がりましたら、そのまま鍋ごと食卓へ

鍋焼きうどんの場合
@うどんは5分位茹でてさっと洗ってざるに上げておきます。
A土鍋に(温かいつゆ 7 残っただし汁 3)360ccを入れます。
Bきのこ類、鶏肉、野菜の硬い部分などを入れ火にかけます。
C沸騰したらうどんを茹で湯で軽く温めなおし土鍋に入れます。
D煮えやすい野菜、生卵、かまぼこ、油揚げなどお好みの具を入れ蓋をします。再び沸き上がれば出来上がり。

※土鍋の中でうどんを煮るため、硬めに茹でておきます。ただ、硬めに茹でたうどんには、塩が麺の中に残っている為、土鍋で煮る時 その塩が溶け出るので、つゆをだし汁で7対3で割る必要があるのです。


手打蕎麦 織部   岐阜県美濃加茂市下米田町西脇1508  (0574)27-3205